RENOBLO

コンクリート打ちっぱなしの家2022.6.10

オシャレなイメージのあるコンクリート打ちっぱなしの家。

コンクリート打ちっぱなしの内装は、デザイナーズマンションなどで多く採用され、コンクリートの持つ性質から無機質で洗練された雰囲気を演出できます。

ただ、オシャレは良いのですがデメリットもあるのです。

そこで今回の記事では、コンクリート打ちっぱなしの内装のメリットやデメリット、についてご紹介いたします✨


コンクリート打ちっぱなしとは?

コンクリート打ちっぱなしとは、RC(鉄筋コンクリート造)やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)の建物の場合にできる内装・外装仕上げの方法です。

一般的な建物の内装には、コンクリートの躯体に壁紙や塗装で仕上げを施します。しかしコンクリート打ちっぱなしの場合は、コンクリートそのままの状態で仕上げるのです。

コンクリート打ちっぱなしの魅力・メリット

デザイン性

コンクリート打ちっぱなしの空間は、コンクリートが持つ無機質な質感からくるスタイリッシュで洗練された都会的な印象を与えます。

また、コンクリートは自由に形状を変えることができるので、曲線の壁にしたり更にデザイン性の高い空間を演出することができるのがメリットです。

また、コンクリートはアルミやステンレス、木などの素材とも相性が良いので、ただ無機質な空間でまとめるのではなく、異素材を組み合わてランクアップしたよりオシャレな空間を実現させることができるでしょう。

ガラスブロックなんかと組み合わせた壁も、とてもオシャレです。

保険料が安い

コンクリート打ちっぱなしの建物は、RC(鉄筋コンクリート造)やSRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)でできており、木造よりも火災に強いことから、火災保険や地震保険料が安いのがメリットです。

遮音性・耐久性に優れている

壁や床がコンクリートの場合、遮音性に優れているのもメリットのひとつです。更に建築物として耐久性や耐火性も高いです。

居住空間を広くできる

天井や壁に仕上げ材を使用しないので、その分居住空間が広くなり、開放感のある空間にできます。


コンクリート打ちっぱなしのデメリット

外気の影響を受けやすい

外部に面する壁が外壁も内壁もコンクリート打ちっぱなしで断熱施工されていない場合、コンクリートの特徴として熱伝導率が高いことから、外気の影響を受けやすく、冬は寒く夏は暑くなりやすいです。

そのため、光熱費が高くつきやすくなってしまう傾向にあります。

結露やカビが発生しやすい

外部に面する壁の外壁も内壁もコンクリート打ちっぱなしで断熱施工されていない場合、外気の影響を受けやすいことから、結露が発生しやすい状態となり、その結露を放置してしまうと、カビの原因となってしまいます。

また、カビを餌とするダニが増えてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

除湿機を使ったりするなどの対策や、結露をこまめに拭き取ることが大切です。


内壁をコンクリート打ちっぱなしにする際の注意点

内壁をコンクリートにする場合、間仕切り壁を全てコンクリートにしてしまうと、今後リフォームやリノベーションの際に間取り変更やコンセントの位置の変更が難しくなってしまいます。子供の成長とともに壁を取り払ったりすることも考え、設計の段階でしっかり計画を立てておきましょう。


まとめ

いかがでしたか?

デザインの自由度が高く、無機質で洗練された印象を与えるコンクリート打ちっぱなしの家には、メリットがたくさんあります。

しかし、同時にデメリットや注意点があることもしっかり理解しておくことが大切です。

 

リノブロ一覧へ
大阪のリノベ不動産
エクシアス

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

日本最大級のリフォーム会社紹介サイト リショップナビ
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.
MAIL