RENOBLO

中古住宅のリノベーション費用は?費用を抑えるコツも解説!2021.4.23

最近では中古住宅を購入後リノベーションされる方が増えています。
新築と比べ費用を安く抑えられることから中古住宅購入後のリノベーションを検討される方も多いですが、実際どれぐらいの費用がかかるのか知っておきたいですよね。
そこで今回は、大阪にお住いの方へリノベーション費用と費用を抑えるコツを解説します。

リノベーションの特徴と費用について

まずは中古住宅のリノベーションの特徴について、2つご紹介します。
1つ目は、自由な間取りを選べる点です。
中古住宅のリノベーションでは、一度解体し作り直すので、おしゃれで使い勝手の良い間取りを実現できます。

2つ目は、耐震性や断熱性で新築に劣らない点です。
柱や基礎の状態から作り直すため、中古住宅でも耐震や断熱の面で優れ、安心して過ごせるでしょう。
また漏水の心配もありません。

中古住宅のリノベーション費用は、内装のみ変える場合と外装も含めて変える場合で大きく異なります。
また木材の材料費や職人の手間賃によっても変わるため、事前によく検討できると良いですね。

リノベーション費用を抑えるコツとは

続いては、リノベーション費用を抑えるコツを3つご紹介します。

1つ目は、グレードを上げすぎないことです。
中古住宅の場合、キッチンやトイレは老朽化しており、入れ替えることが多いです。
ただしメーカーによってもグレードが分かれており、いざリノベーションを行うとついつい高品質の物を選びがちですが、高品質を求めだすとキリがありません。

予算を超えてしまった人も、グレードを上げすぎたことによるものがほとんどです。
したがって自分で明確なラインを決め、それ以上超えすぎないように注意すると良いでしょう。

2つ目は、シンプルな間取りにすることです。
複雑な間取りではなく、部屋数の少ないシンプルな間取りにすると比較的費用を抑えられます。

3つ目は、サポートが手厚く安心感のある業者を選ぶことです。
費用だけで選ぶと保証期間が短く、サポートが終了していたなど後悔することもあります。
費用のみならず、保証期間やアフターサービスなどサポート面も重視して選べると良いでしょう。

まとめ

今回は、中古住宅のリノベーション費用と費用を抑えるコツについて解説しました。
中古住宅のリノベーション費用を抑えるには、グレードを上げすぎないことやシンプルな間取りにするといった手法が有効です。
ぜひ今回ご紹介した内容もご参考に、リノベーションについてご検討されてみてはいかがでしょうか。

リノブロ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.
MAIL