RENOBLO

壁紙クロスリノベーションについて知りたい方必見!!【①】2021.2.18

リノベーションする上で部屋の雰囲気をガラリと変える壁紙クロスは注目するポイント!

今回は壁紙クロスについて、どのような種類があるのか解説いたします。

壁紙クロスといってもたくさんの種類があります。では主にどのようなものがあるのでしょうか。

壁紙クロスの種類

・ビニールクロス

ポリ塩化ビニルを主原料とする壁紙の事で、他の壁紙に比べて施工が簡単で、比較的価格の安いものが多いために広く普及しています。通気性、吸水性は劣りますが、色柄が豊富で水拭きができるなど手入れが簡単です。

・紙クロス

紙を主原料に使った壁紙の事で、パルプや和紙、再生紙など様々な種類の紙が原料に使われます。施工に手間はかかりますが、壁紙を張ってから塗装仕上げするタイプもあり、壁紙を張り替えずに模様替えが可能な点や、自然素材の持つ温かさが注目されています。

・織物クロス

織物、編物、不織布、フェルトなどを紙で裏打ちした壁紙の事です。最も一般的ものはレーヨンを使った壁紙ですが、麻や綿の素材感を生かしたもの、絹織物のような高級感のあるものなど、バリエーションは豊富にあります。

・珪藻土、膝喰クロス

自然素材の珪藻土や漆喰を加工したクロスの事です。内装材として利用しやすいクロスに仕立てた製品です。防火性に優れています。本物の珪藻土や漆喰には劣りますが、質感が美しいのもポイントです。

話題のクロス

・小さなお子様のいる家にオススメの壁紙クロス『幼児の城』

60色ものカラーバリエーションからなる『幼児の城』というか壁紙クロスですが、メンテナンス性の高い抗菌・汚れ防止機能があります。キズや衝撃に強く、汚れも拭き取りやすい壁紙。強度のある樹脂層に、フィルムラミネートでさらに強度をもたせています。

・珍しい『黒板クロス』

チョークで自由に落書きできる『黒板クロス』。ダイニングキッチンに取り入れてカフェ風にしたり、子供部屋やリビングに取り入れてお絵かきスペースにするのも良いですね。

壁紙クロスのリノベーション費用は、安価なものであれば1㎡あたり750円~800円程度です。標準的なクロスであれば1㎡あたり1,000円~1,500円程度が相場となっています。

業者によって単価表記の仕方が異なる場合があるので、必ず見積もりをとって、内容を確認するようにしましょう。

リノブロ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.