RENOBLO

リノベーションでキッチンを移動させる際のポイントについて解説!2021.2.15

大阪でキッチンのリノベーションを検討されている人の中には、既存のキッチンをそのまま使おうか買い換えようか悩んでいる人も多いかと思います。
できればそのまま使いたいと考えている人もいるでしょう。
ところがキッチンは買い換えた良いと言えます。
ここでは、キッチンの移動におけるチェック項目を解説します。

既存のキッチンはそのまま使えるか

使い慣れたキッチンに愛着を感じている人や少しでも費用を抑えたい人は、そのままキッチンを使おうと考えている人もいるでしょう。
キッチンはそのまま使えますが、3つの理由からあまりおすすめできません。
それは、リノベーション費用は本体を交換してもあまり変わらない、新しいキッチンのスペースに機能やデザインがマッチしないことがある、そのまま使うとすぐに交換が必要なことがあるといった理由です。

そのため、使い始めてからある程度時間が経ったキッチンは交換した方が良いのですね。
それでも既存のキッチンの再利用を考えている人は、キッチンのことをよく知っているリノベーション会社に相談に行くと良い助言が得られるでしょう。

キッチンの移動前のチェック項目について

キッチンを移動させようと思っても、さまざまな制約から移動できないことがあります。
そのため、キッチンの制約をあらかじめ把握しておくことが大切です。
以下の3つの点を確認しましょう。
それは、排水管に十分な勾配を確保できること、排気ダクトを引き回すルートがあること、マンションの場合は管理規約でリフォームが認められていることです。

築年数が新しい戸建ては自由度が高いため問題になることは少ないですが、昔の住宅の場合は配水管や排気ダクトの制約によってキッチンの移動ができないことがあります。
またマンションは、共用部分の制約のために移動できない可能性があります。
配水管とキッチンの排水口が遠くなる場合は、勾配が設けられず、臭いやつまりの原因となることがあります。

排気口も位置を変えられますが、マンションでは排気口から換気扇までダクトを通せないことがあります。
このような問題が発生しないよう、リノベーション会社と相談の上決めることが大切です。
もしキッチンの移動が困難な場合は、移動を諦めて使い勝手を良くする別の方法を模索してみてください。

まとめ

リノベーションに際して既存のキッチンをそのまま使用できるか、またキッチンを移動する際のチェックポイントについて解説しました。
キッチンの再利用は推奨されていないため、新しいものに買い換えることをおすすめします。
ご紹介したチェックポイントを参考にして、納得のいくリノベーションができると良いですね。

リノブロ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.