RENOBLO

中古戸建ての購入後にリノベーションを検討中の方へ!後悔しないためのポイントを解説2021.1.30

大阪で中古戸建てを購入後リノベーションしようと考えている人はいませんか。
しかし、中古戸建ての購入とリノベーションで後悔する人は意外と多いです。
リノベーションでよくある後悔を知っておけばミスは減らせるはずですね。
今回は、中古戸建ての購入とリノベーションで後悔しやすい点を解説します。

中古戸建ての購入で後悔しやすい点は

中古戸建て購入での後悔について設備面、資金面、周辺環境について分けて説明します。

まずは設備面です。
中古住宅を購入される方は、設備が古いことを承知の上で購入されます。
しかしそれでも設備の古さに不満を感じる人が多いです。

特に、給湯設備や配水管など内覧会の時にはわからなかった点について住み始めてから不便に感じることが多いです。
内覧時には目に見える部分だけを確認するのではなく、換気扇の交換期間など見えない部分も質問することが大切です。

次は資金面です。
中古住宅購入後、想定していたよりお金がかかることに不満を感じる人がいます。
税金の控除がない、想像以上に維持費や管理費がかかるといった具合です。

固定資産税の控除や住宅ローンの控除を適用するには、一定の要件を満たす必要があります。
また中古マンションの場合、建物の価値は築年数により下がりにくいため、固定資産税が減りにくいです。
さらに中古戸建てを購入後にリノベーションを行えば、建物の固定資産税が増えることがあるので注意が必要です。

最後は周辺環境です。
既に周辺環境が定まっているから安心だと思っている人はいませんか。
住んでみると思っていたのとは違うケースがあるのです。

昼間は静かで良い環境だと思っていても、夜になると騒音がうるさくて眠れないといった例もあります。
購入前に全てを完全に把握することは難しいかもしれませんが、可能な範囲で確認することが大切です。

リノベーションで後悔しないために

リノベーションで後悔しないためのポイントを2点説明します。

第1に、リノベーションの計画は物件の購入前からあらかじめ決めておくことが大切です。
物件によってリノベーションできることとできないことがあるため、物件購入後リノベーション計画を立てるとどうしても不満の残るものになってしまいます。
物件を購入する前にどのようなリノベーションをするかイメージして、専門家と事前に話し合っておくことが大切です。

第2に、業者選びがとても重要になります。
リノベーションの出来は施工業者の腕でかなり変わります。
自分の希望するデザインを実現できるか、過去の施工事例を判断材料にすると良いでしょう。

まとめ

中古戸建てのリノベーションで後悔しやすい点、後悔しないための対策を説明しました。
後悔しないためには、リノベーション計画を前もって立てること、業者を慎重に選ぶことが大切です。
この記事が、中古戸建ての購入とリノベーションを検討している方の後悔を少しでも減らせたら幸いです。

リノブロ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.
MAIL