中古住宅を買う時に注意したいこと2020.11.12

中古住宅の購入後、買って住んで後悔した事例参考にしてみましょう。

今日は、中古住宅を購入する理由や、実際に住んでみて後悔した方の話を参考に、失敗しない物件選び、理想の住まいづくりについて考えてみたいと思います。

中古住宅を選んだ方の理由

  • お子さんの学校の区域であったり、教育面で充実した環境や施設を重視した結果、人気のエリアになってしまい、新築住宅で条件の合うのがなく、条件に合った中古住宅を購入する決め手となった。
  • ペットの飼育や家族の趣味などを考慮し、予算内で理想の住まいを探した結果、中古住宅にたどり着いた。
  • 新築物件よりも中古物件のほうがたまたまよい家があったにすぎないが、結果的に消費税がかからないという利点があった。
  • 新築物件を購入するより、中古物件を購入し、リノベーションするほうが費用が安かった。
  • 希望してたエリアの土地の値段が高く、土地+新築はお産オーバーだったのと、中古物件を買って自分の好きなようにデザインしてリノベーションしたかった。
  • 近所の騒音問題があったためにストレスを感じていたころに、住んでいるマンションの家賃分の返済額でよい中古物件がみつかった。
  • 子供
  • の教育費用に余裕が欲しかったので、新築を無理して購入するより、中古物件を購入するほうが余裕のある暮らしができるから。
  • 古民家と呼ばれるような趣のある家が好きで、古くてもしっかりした作りの中古住宅が見つかり、リノベーションで理想の個性的な住まいづくりをしたいと思ったから。
  • 新築より安く新築と同じ価格で、より便利な立地でより広い物件を選ぶ事ができた。
  • 実際に住んでみて家に求めるものを経験から洗い出し、建替える際に活かすための前段階として中古住宅を購入した。
  • ローンの支払いに縛られたくないという思いから、短期で支払いのできる中古物件がよかったから。
  • 家を買うのはまだまだ先の予定だったけど、子供ができて購入を検討したところ、格安中古戸建+リノベーションで新築同然の理想の家が手に入った。
  • セキュリティーの高さから中古マンションを購入。新築の半分の価格で購入でき、リフォームにより新築同様の住まいになった。

中古物件を購入して失敗した点

  • 自宅部分はリノベーションで綺麗になったけど、もともとの建物が古いので、配管や共用部分が古く、害虫やカビが多かったり、配管の臭いが気になる。
  • 築年数が古く、近所は年配の方ばかりで、話が合わない。なにかと町内の仕事を言いつけられる。
  • 住んで初めて判明した経年劣化があった。(雨漏り・古いアンテナ)修繕費と撤去費用がかかった。

設備

中古住宅は設備が古い事を承知していたにもかかわらず、住み始めてみてから後悔するという事が多いのが設備の面です。

排水管や換気扇、給湯設備など、内見をした時にはわからなかった設備の古さのため、住み始めてから大変だったというケースが多いです。

  • 給湯器の交換時期(寿命が10年~15年)
  • 換気扇の交換時期(寿命が10年~15年)
  • 排水管の材質および清掃頻度( 鉄製か樹脂素材か。どのような清掃をしているのか )
  • 屋根(特に陸屋根)やバルコニーの防水時間( メンテナンスをしているかどうか )

中古物件を内見する際は見えない部分についても質問したりして、確認するようにしましょう。

費用

中古物件は税金の控除や軽減がない、思ってた以上に維持や管理のための費用がかかるといった面で後悔する方もいらっしゃいます。

固定資産税の控除や住宅ローン控除を受けるためには、中古住宅の場合、一定の要件を満たす必要があります。

また、固定資産税の控除や住宅ローン控除を受けるためには、中古住宅の場合、一定の要件を満たす必要があります。また、固定資産税については、中古マンションの場合、建物の価値が築年数によって下がりにくいため、なかなか固定資産税が減りません。さらにリフォームした場合、建物の固定資産税が増える場合もありますので、注意が必要です。

近隣トラブル

  • すでに近隣住民や近隣環境が定まっているから安心だと中古住宅を購入したのに、夜間の生活音がとてもうるさかったり、近くに高い建物が建って日当りが悪くなったりと、事前に把握するのが難しいケースがある。
  • ペットが苦手でペット禁止の中古マンションを購入したのに、長く住む住人は暗黙の了解で管理規約を無視してペットを飼っている方が多く、管理組合がしっかり機能していなかった。
  • 購入のポイントにもなっていた中古住宅に付いている前所有者の残置物である暖房器具が、いざ使おうと思ったら、故障していて、担保責任期間を過ぎていたので、買い替えが必要だった。
  • 中古物件を購入したところ、隣の家の住人が頻繁にバーベキューをする事で、においや騒音で悩まされている。

中古物件でも新築物件でも、近隣トラブルはよく聞きますね。事前にしっかり確認が大切ですね。

中古物件は価格の面で購入しやすいというメリットがありますが、その反面建物が古い事で起きる設備や躯体の面でのトラブルに注意が必要です。

中古マンションの場合だと、管理規約でリノベーションできる範囲に制限があったりすることもあり、理想の住まいづくりがうまくいかない場合もありますので、事前にしっかり確認し、信頼できる経験豊富な不動産仲介業者のサポートが必要になるでしょう。

XiASでは物件探しはもちろん、住宅ローンの事から家事動線を考慮した暮らしやすいデザインから家具、電化製品、グリーンの配置に至るまで、ワントップでのご提案が可能です!是非お力になれればと思いますので、ぜひ一度 XiAS にご相談ください。

リノブロ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.

「お電話でお問合せ頂くことでしか」伝えられない情報があります

06-6725-888711:00~19:00 (水曜定休日)