リビングを広く見せるコツを紹介します!2020.10.14

一般的にファミリーマンションのリビングでも、10畳~12畳が多く、狭く感じます。狭い部屋に家具やインテリアを置けば更に狭くなるため、頭を抱える問題ですよね。

そこで、狭い部屋を少しでも広く見せるコツを紹介します!

視線をコントロールし遠近法を活用する

部屋の入り口から順に背の高い家具を配置する。そうする事で、奥行き感ができて部屋を広く見せる効果があります。

部屋の真ん中に空間を作る

家具の置いていないスペースを真ん中に作って、床の面積を広く見せる事で、視線の抜けが良くなって部屋を広く見せる効果がある。

脚の細いデザインの家具を選ぶ

こちらも視線の抜けを作り、視界の抜けを作る事で広い空間認識を活用した方法です。

ロータイプのソファーを選ぶ

ロータイプのソファーは、天井との空間が広くなるため部屋を広く見せる効果があります。背の高いソファーを置くと、圧迫感を感じ狭いという空間認識になります。

明るい色の家具を選ぶ

天井に向かって明るい色にすると、部屋が広く見えます。入り口から遠い場所にネイビーなどの後退色を持ってくると、奥行き感ができ、部屋が広く見えます。逆に膨張色を持ってくると狭く見えます。なるべく明るい部屋にすることで、部屋が広く見えるのです。

お知らせ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.

「お電話でお問合せ頂くことでしか」伝えられない情報があります

06-6725-888711:00~19:00 (水曜定休日)