【収納の種類と用途】2020.10.7

ウォークインクローゼット

気がつけば服が増えてどこに何をしまったか把握できなくなっている。。。なんて経験はないでしょうか?

ウォークインクローゼットがあれば、たくさん収納できて管理もしやすいです。

ハンガー収納があれば洗濯物を畳ジワを付けずに収納でき、畳む手間もかかりません。靴下やハンカチなどは衣装ケースを使って収納すればバッチリですね。

ウォークインクローゼット内の壁に全身ミラーを置けば、着替えからコーディネートチェックまでできて便利です。

シューズインクローゼット

玄関脇に設けた2畳から4畳以上の靴を履いたまま歩く事ができる収納スペースです。シューズ棚を設けると、シューズをたくさん収納でき、便利です。しかし乱雑に収納してしまうと、散らかった玄関になってしまいます。玄関との仕切りを付けて目隠しできれば人目にふれることなく収納可能になりますね。カーテンなどで代用するのもひとつです。

パントリー

食品庫として使われる収納スペースです。キッチンの近くに設けるケースが多い食品を貯蔵する場所ですが、常温ですので、冷蔵冷凍保存が必要ない食品を貯蔵します。

外出を極力減らすためにせっかく買い込んだ食品も、しっかり管理ができなければ腐らせてしまって勿体ないですよね。しっかり食品を管理できるスペースがあればとても便利です。

階段収納

階段スペースに設けられた収納スペースのことです。様々な種類があり、スペースの有効活用ができてとても便利です。

階段下に埋め込んだタンスのような階段収納。

階段下の取っ手を引くとシューズ棚が出てくる階段収納。

1段1段が引き出しになっているタイプの階段収納。

色々な種類の階段収納がありますが、どれをとっても無駄なスペースをなくし、空間を上手に有効活用できます。

ニッチ収納

nicheとは「壁のくぼみ」という意味で、トイレ収納やスリッパ収納が機能的で人気です。玄関にニッチカウンターを設ければ、観葉植物や花瓶を置けて、なんとも上品な玄関になります。ディスプレイや雑誌なども飾るのにピッタリです。

リビングストレージ

リビングにストレージボックスを積み重ねたようなモノを取り付けた収納です。

お子様のおもちゃや絵本の収納にも適していますが、乱雑に収納してしまうとただ散らかっただけのように見えてしまうので、注意が必要です。

納戸

居室ではないスペースで、もともとは衣服や家具などおしまっておく場所です。多様な目的で使用でき、ある程度の広さがあるのが特徴です。居室とは違ってコンセントやテレビ端子、電話回線がない場合が多いです。居室ではないため建築基準法上の採光・換気の基準を満たしていないので、直射日光に触れてはいけないモノなっどを収納するのに適しています。

サニタリー収納

洗濯機の上のデッドスペースや、洗面台横の隙間空間など、洗面所や脱衣所などに設ける収納です。シャンプーやボディーソープのストックから、ボディータオルやフェイスタオルまで、様々なモノを収納できます。

押入れ

奥行きのある収納スペースで、寝具などをしまうのに最適です。収納ボックスや引き出しなどを使用するのも良いでしょう。

造作棚

造り付けのオーダーメイドの棚の事です。スペースに合わせたサイズで備え付ける事ができるので、デッドスペースの有効活用や、見せる収納として人気があります。新築の家はもちろん、リノベーションで造作棚を作るケースが多いです。

一言に収納といってもたくさん種類がありますね。上手にスペースを活用して、スッキリ快適な住まいづくりに活かしましょう。

お知らせ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.

「お電話でお問合せ頂くことでしか」伝えられない情報があります

06-6725-888711:00~19:00 (水曜定休日)