RENOBLO

リノベーションをお考えの方へ!メリットを解説します!2021.3.5

リノベーションをするメリットとは何なのでしょうか。
大阪で新築を購入するか中古住宅を購入後リノベーションするかで迷っている方も多いでしょう。
今回は、リノベーションのメリットを解説します。

リノベーションのメリット

リノベーション住宅のメリットを3つ紹介します。

1つ目は、周りの環境を把握できることです。
新築でないリノベーション住宅は、周囲の環境が既にできあがっています。
そのため周囲の状況を確認した上で自分に合っていると感じられるところに住めます。

騒音や通風、住みやすさなど新築と比べ、分かりやすいので住んでからの後悔も少ないです。
また物件数も多く、駅の近くやスーパー、コンビニの近くなど希望する物件を見つけやすいです。

2つ目は、古民家や和モダンの家に住めることです。
最近古民家リノベーションが人気を博しています。
古民家をリノベーションすれば新築には出せない古民家の良さを出せます。
昔ながらの和モダンの家も素敵ですね。

3つ目は、新築より費用が安く抑えられる場合が多いことです。
年数が経つにつれ、物件取得費用が安くなり、その分価格を抑えられます。
その浮いた資金で自分好みにリノベーションできるのは利点ですね。

リノベーションのデメリット

先程はリノベーションのメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。
ここでは、デメリットを3つ説明します。

1つ目は、すぐに住めないことです。
購入後すぐ引き渡しできるのではなく、設計、施工とプロセスを経るため、時間がかかります。
内容にもよりますが、3カ月から半年かかると言われています。
特に、賃貸の更新が控えている方や子供の入学に間に合わせたい方は注意しましょう。

2つ目は、工事を始めてみて追加の費用がかかることがある点です。
中古物件購入後、状態が良さそうであったものの、解体してみると水漏れやシロアリの被害が確認されることがあります。
そうなれば、見積金額から追加の費用がかかるので、予算を超える可能性があります。

3つ目は、建物の構造によってはリノベーションできないことがある点です。
リノベーションは基本的に間取りの変更など様々な変更ができるのですが、構造によっては制限されることがあります。
マンションであれば、取り除けない柱がある、オール電化にできないことがあるといった具合です。
また戸建てであれば、耐震や耐久性の影響で制限されることがあります。

まとめ

今回は、リノベーションのメリットとデメリットを解説しました。
リノベーションを行えば、新築より安い費用で施工でき、自分好みにアレンジできる利点があります。
ただ構造によってリノベーションできないところがあるなどのデメリットもあるので、デメリットを理解した上で悔いのないように、リノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

リノブロ一覧へ

〒577-0841 大阪府東大阪市足代1丁目12番21号
TEL : 06-6725-8887 / FAX : 06-6736-7887
営業時間: 10:00 〜 19:00
定休日:水曜日、年末年始

  • Facebook
  • instagram
  • LINE
  • YouTube
COPYRIGHT © XiAS.INC All Rights Reserved.
MAIL